写真を拡大 (出典:Moneypenny / Over half of Brits are happy to work from home for as long as is needed)

英国で電話代行サービスなどのソリューションを提供しているMoneypenny社は、新型コロナウイルスの影響によって在宅勤務を強いられている2000人を対象として、在宅勤務の実態を調査し、その結果を同社のブログで発表した。調査報告書という体裁にはなっていないものの、時宜を得た調査であり、読者の皆様の関心も高いのではないかと思われるので、本稿で紹介したいと思う。

本稿のトップに掲載した図は、在宅勤務の際に仕事場として使っている場所を尋ねた結果である。最も多いのはリビングで24%、次いでダイニングが15%、寝室が12%となっている。この結果についてブログでは、まず机やテーブルがあることが最も重要視されていると指摘している。ちなみに図中の「Makeshift Home Office」とは間に合わせのホーム・オフィス、「Hallway」とは玄関のホールや廊下のことである。

またブログでは、在宅勤務による習慣や時間の使い方の変化にも着目している。図1の上側は、在宅勤務の際の起床時刻を「始業時刻よりどのくらい前か?」という形で尋ねた結果である。最も多いのは始業時刻の1時間前に起きるというもので42%、次いで30分前という回答が17%である(図では始業時刻が9時だと仮定した場合の起床時刻で示されている)。

写真を拡大 図1. 在宅勤務における時間の使い方(出典:Moneypenny / Over half of Brits are happy to work from home for as long as is needed)

図1の下側は昼食時間について尋ねた結果である。回答者の46%は通常通りの昼食時間を確保しているが、28%はオフィスで勤務していたときよりも昼食時間が短くなったという。ブログでは、自宅では気が散るような要因が多い上に子どもの面倒をみることなどによる追加的なストレスが、オーバーワークを招いている可能性があると指摘されている。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方