大丸有地区のBCDプロジェクト

大手町、丸の内、有楽町の3地区を総称した大丸有地区では、首都直下地震などを想定した災害に強い街づくりが進められている。個別企業のBCP(事業継続計画)複数のビルや屋外空間を一体として地区全体の機能継続を図るDCPと、(District Continuity Plan)の二つを兼ねた事業継続機能基盤地区=BCD(Business Continuity District)が基本コンセプト。個々の企業の事業継続と災害時における都市機能の維持に加えて、帰宅困難者の支援も行おうという意欲的なもの。企業の自助と共助によって公助の役割も補完しようとしている。

これまでのまちづくりの経過 


大丸有地区には東証一部上場企業約80社が集積。売上高は133兆円で東証一部全体の約3割を占める(2011年度末)。首都東京の中核を担う日本で

最も事業継続の途絶を避けなければいけない地域とも言える。しかしながら、東日本大震災発生の直後には、外資系企業が、西日本への避難や一時帰国、あるいは日本からの撤退論がまことしやかになるなどの風評被害も発生し、防災対応力の強化が大きな課題となった。 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方