実効性に特化したフレームワークによりBCP基盤を策定

防災ITベンチャーのTech Designは、企業向けのBCM(事業継続マネジメント)に特化したITプラットフォーム「Resilire」のβ版の提供を開始した。完全クラウド化することで、低価格で、規模・業種にかかわらず導⼊できるリスクマネジメントプラットフォームとして展開する。

「Resilire」は、BCM専門のコンサルタントのリスク対応における豊富な経験と入念なヒアリングに基づき開発されたフレームワークを搭載。社内外データを統合させることで、組織の事業継続上の課題を抽出できるほか、対応策の作成からデータ管理、策定後のマネジメントまで一括で行える。

緊急時には、担当者が被害の状況を反映することで、リアルタイムにリスク箇所の特定や業務の稼働率の把握が可能となる。また、事業停⽌リスクを下げるための適切な対応を促すことができる。

さらに、数十媒体のニュースソースと各企業が発表するIR情報をベースに、自社開発した情報解析・配信技術を用いて自動選定したニュースや情報を提供する。そのほか、「無償のコンサルティングサービス」を付帯し、活用方法に関する質問への対応をはじめ、事業貧弱性の評価や対応策等のノウハウ提供も行う。

同社は今後、同プラットフォームの機能やサポート体制の強化を進めるほか、安否確認等、防災で必要となる機能も追加する。将来的には、サプライチェーンマネジメントにおいて平時の生産・流通プロセスの管理、緊急時のサプライチェーンの状況把握から対応までをサポートできる体制を構築していく。

プレスリリース

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部