写真を拡大 設置された震度計を人の「体感震度」で補い、防災情報として役立てる

JX通信社は、同社が運営するニュース速報アプリ「NewsDigest」で、震度計では捉えきれない細かな地域ごとの揺れの「体感」を収集・表示する「精密体感震度」機能を新たに提供する。まばらに設置された震度計を人の「体感震度」で補い、より早く、より正確に防災情報として役立てる取り組み。地震学者の慶應義塾大学・大木聖子准教授監修のもと、産学連携のプロジェクトで開発した。

同機能では、地震発生時、NewsDigestアプリの画面上に表示されるボタンにより、どの程度の揺れを感じたかをユーザーが震度にたとえて投稿できる。ユーザーは体感震度の報告を通じて、地盤情報や住宅の耐震性などに自然と意識を向けるようになる。

同機能を通じて報告される「体感震度」は、発表される震度とのあいだで生じるズレを補う情報として活用されることで、被災者救助の初動体制に貢献する。精密な位置情報と結びつけた情報を集めることで、地震被害のリスクを事前に把握し、細かな対策をとることが可能になる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部