南海トラフに備え情報共有を拡充

静岡県は、1976年の東海地震説発表時から県内全域が被災することを想定し、早くから全国に先駆けた防災情報システムの開発に取り組んできた。しかし、近い将来発生が懸念される南海トラフ巨大地震では、近隣県も含めさらに超広域にわたる被災の可能性が指摘されている。そのため、情報を収集するだけでなく、政府、自衛隊、市町村、消防、警察、医療機関など災害対応に係るすべての人が情報を共有でき、必要に応じて県民にも情報を提供できるクラウド型の情報共有システム「ふじのくに防災情報共有システム(通称:FUJISAN)」を2012年に開発した。

静岡県では1997年から「静岡県総合防災情報支援システム(ASSIST)」と呼ばれる災害時の情報収集システムを導入。市町村の被害状況等を県出先事務所から県庁にシステム上で報告することで情報を自動集約することができるもので、当時では全国でも先進的な技術を採用したものだった。2004年には、被害状況等を市町村や関係機関から直接県庁に報告できるシステムに変更し、GIS(地理情報システム)との連動もできるように改善した(ASSIST-Ⅱ)。しかし、情報の共有面においては課題が残ったため、2012年に第3世代システムとして「ふじのくに防災情報共有システム(通称:「FUJISAN」)」を開発した。 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方