断水時には洗浄水量を5リットルから1リットルに切り替えて使用

LIXILは、「いつもと同じみんなのトイレ」をコンセプトに開発したINAX災害配慮トイレ「レジリエンストイレ」を販売している。洗浄ハンドルと開閉弁がロッドで連動し、洗浄ハンドルを回すことで作動する「強制開閉弁」を採用し、災害による断水時に1リットルで洗浄可能な状態に切り替えられるようにしたもの。

平常時はトイレブース内に設置し、本設トイレとして水洗式(洗浄水5リットル)で使用。災害時には、平常時と同じ場所で使用し、「強制開閉弁式」で1リットルの洗浄水により汚物を配管に排出できる。洗浄水量の切り替え操作は、タンクのフタを外し、内部の止めリングを外すだけ。1リットル洗浄時は、持ち運んだ水をトイレ鉢内にいれるか、タンクに注水するかの2つの方法から状況によって選択できる。さらに、開閉弁と溜水の二重防臭構造により嫌な臭いを防ぐ。

これらの機能により、少ない水でのトイレ洗浄を可能にすることで、被災者による水確保の負担が軽減される。また、いつものトイレをそのまま快適に使用できるようにすることで、高齢者や、障がいのある人、子どもや女性など、誰でも安心して利用できるトイレ環境を実現する。

「強制開閉弁」の採用によって1リットルの洗浄水で汚物を配管に排出

なお、断水時の1リットル洗浄では、汚物が排水横主管内に滞留して下水道まで搬送できないため、1時間ごとにバケツ3杯分ほどの水を最上流のトイレ等から流す「手動給水方式」と、汚水をポンプで循環させる「汚水循環方式」の2種類の配管設計を推奨している。設計に関する情報をとりまとめた「レジリエンストイレ配管設計手引き」も提供する。

そのほか、同製品は、便器のフチを丸ごとなくした「フチレス形状」などを採用することで、高い清掃性を備える。フタをタンクに固定する機能も備え、フタを開けてのいたずら防止や地震の際のフタの落下防止にも配慮する。

同製品は、こうした機能性が評価され、「ジャパン・レジリエンス・アワード」(強靭化大賞)最優秀レジリエンス賞、「キッズデザイン賞」優秀賞・経済産業大臣賞、「グッドデザイン賞」グッドフォーカス賞(防災・復興デザイン)を受賞している。

 

同製品のカラーバリエーションはピュアホワイトとオフホワイト。価格(税抜)は、便器が9万3700円、タンクが8万6300円。

「いつもと同じみんなのトイレ」をコンセプトに開発

 本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部