防災リュックに収納しやすいコンパクトなサイズ

兼松は、災害や停電などの緊急時に、火を使わずにレトルト食品や缶詰などを温められる「防災加熱袋」を販売する。発熱剤である生石灰と水との反応による発熱を利用するもので、一定時間、袋の内部を約97度に保つことができる。 

同製品は、1パックに加熱袋1枚と発熱剤1個が入っており、1パック1回のみ使用できる。加熱袋の底に発熱剤を置き、150ミリリットルの水(海水も可)を注ぐと20〜50秒程度で加熱が始まり、約15分間の加熱が可能。缶詰やレトルト食品、缶入り飲料などを簡単に温められる。ミルクの入った哺乳瓶も使用可能。

同製品は火を使わないため、火気の使用等が禁止されている場所でも使用できる。防災リュックに収納しやすいコンパクトなサイズとなっている。

販売価格は、6パック入りで1793円(税込)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部