懐中電灯としても使用できる脱着式バッテリーを装備

セイエンタプライズは、2013年販売の「防災する自転車」をリニューアルし、「防災する自転車 2」(SEISHOPオリジナル トランスモバイリー・ネクスト163)として、自社で運営する防災のセレクトショップ「セイショプ」で販売する。

「防災する自転車」は、東日本大震災後に電車が止まった際、徒歩で移動するよりも楽で、健康的でもある自転車通勤が注目されたことから生まれたもの。リニューアル商品は、ジックが製造する最軽量クラスの折りたたみ電動アシスト自転車(TRANS MOBILLY NEXT163)に、東部が提供するノンパンクタイヤ(T-core)を搭載し、折りたたみペダルを標準装備する。

同商品は、自動車に積んで移動できるほか、電動アシスト装備のため、長距離や坂道も快適に走行。折りたたみのため、保管スペースの心配がなく、持ち運ぶことで自転車置き場も不要になる。ノーパンクタイヤを採用することで、災害時の瓦礫が散乱する悪路でのパンクの心配もない。

また、同商品は「約1秒」で取り外し可能という脱着式バッテリーを装備。スマホの充電やUSB接続の扇風機、温風器などのミニ家電の電池として活用できるほか、バッテリー先端部分にデュアルヘッドライトが付いており、自転車から取り外して懐中電灯としても使用できる。

ボディカラーは、シルバーとブラックの2色。組立時サイズは、1290×540×760〜960ミリメートル。折りたたみサイズは、700×450×610ミリメートル。タイヤサイズは16×1.2インチ。重量は約11.9kg(バッテリー・スタンド・ペダルを除く)。価格は13万8000円(税抜)。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部