海外危機管理対応は平時の体制作りから

デロイトトーマツ企業リスク研究所 主席研究員 茂木寿氏

下記をご覧いただきたい。今年1月7日に有限責任監査法人トーマツのリスクマネジメントに関する調査・研究組織であるデロイトトーマツ企業リスク研究所が発表した、「2015年グローバルリスク予測」だ。1月下旬には過激派組織「イスラム国」による日本人ジャーナリスト殺害事件が発生するなど、その予測すべてが今年、実際に世界で発生していると考えていい。同研究所主席研究員の茂木寿氏は、「来年もこのリスク傾向は変わらないだろう」と警鐘を鳴らす。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方