出火したオフィスのシーンでは、広がる炎や立ち上る煙を目の当たりにした人々が混乱する

能美防災は、 “火災”の危険性や怖さを臨場体験できるVRコンテンツ「火災臨場体験VR~混乱のオフィス~」を法人向けに提供する。地震災害をテーマにしたゲームソフト「絶体絶命都市」シリーズを代表作とするゲーム会社のグランゼーラと共同制作したもので、火災に直面した人々の混乱の様子をリアリティのある動きと音で表現することで、火災の危険性や怖さを伝えている。

同コンテンツでは、ビルの2階にあるオフィスのパソコンから出火した火災において「出火したオフィス(2階)」、「出火フロアの2つ上(4階)」、「出火したフロアの廊下」の3つのシーンを表現。広がる炎や立ち上る煙を目の当たりにした人々の混乱や、鳴り響く警報を疑い、避難を始めたときには煙が迫って来ている状況、非常階段につながる廊下に大量の煙が充満し、避難が難しくなっている状況を体験できる。

これを通じて、火災の怖さと、警報を疑わずに行動を開始することの大切さを体感するとともに、訓練への参加や必要な知識・スキルを学習する動機を高める機会を提供する。

同社は今後、法人の体験者の意見を踏まえてシーンを増やし、VRコンテンツの入ったパソコンとヘッドマウントディスプレイをセットでレンタルするサービス展開へ発展させる予定。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部