火や煙を発見・通知することで火災による被害を最小限にとどめ、素早い安全確保や消火活動へ貢献する

AI搭載カメラを手がけるアースアイズは、一般的な防犯カメラで火と煙を発見できる「ファイヤープリベンション AIシステム」(2022年1月販売開始)を展開する。公共の場や人のいない施設で発生する火災を初期段階で発見・通知するためのシステムとして開発したもので、同社のAI BOX「Server lite」に搭載し、一般のIPカメラと繋げることで、センサーを使わずに火や煙を発見できるようになる。

同システムでは、同社独自の測距技術(特許取得済み)により、火災時の火の大きさ・方向・カメラからの距離などを検出して通知する。自動車のヘッドライト等と間違えずに火を発見できるほか、夜間でも一般的な街灯程度の明るさがあれば、火だけでなく煙も発見できる。

PTZ(パン・チルト・ズーム)カメラと同社のAIを組み合わせた「AI-PTZ」タイプの場合、ズーム機能を使い、室内外を広範囲にわたって自動監視できる。変化が生じた場所をカメラがズームして火災を発見し、火の大きさや方向を管理者に通知する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部