AIを活用して身の回りの音を認識してユーザに通知してくれる。プリセット音以外に5つの音登録が可能

情報技術開発は、“音の見える化”により、聴覚障がい者・難聴者が感じる日常生活や就労時の不自由さ・身の危険を解消し、社会参加しやすい環境を整えるためのスマートフォンアプリ『Sound Display(サウンドディスプレイ)』を提供する。AIを活用して身の回りの音を認識してユーザに通知する「音認識機能」と、プリセット音以外で認識してほしい音をアプリ内から録音・登録できる「音登録機能」を備えたもの。

「音認識機能」では、プリセット音として、緊急地震速報(テレビ)、火災警報器、緊急車両(パトカー・消防車・救急車)、インターホンの音を認識し、アプリの音通知画面、PUSH通知、LEDライト、スマートウォッチなどで通知を行う。

「音登録機能」では、プリセット音に加えて音を登録することで、個々人の環境に合わせた音の認識が可能となる。最大5個の音登録が可能。録音アプリなどで録音した音をSound Displayに連携して音登録することもできる。

主な使い方・利用シーンとしては、聴覚に障がいのある人の暮らしの中で、「来客や宅配を待たせないようにインターホンが鳴ったことに気付きたい」、「火災報知器が鳴ったことに気付いて危険から身を守りたい」といった場合や、健常者の日常において「冷蔵庫の開けっ放し音」や「風呂場からの呼び出し音」といった気付きにくい音に気づきたい場合の活用を提案する。

同アプリの提供価格は無料(音登録最大5個まで)。App Storeから入手できる。

同社は、現在提供中の個人向けiOS版のほか、2022年1月に個人向けAndroid版、2022年度には法人への提供開始を目指す。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部