7年長期保存の各種レトルト食品をワンパックで提供(写真は4月7日東京ビッグサイトGood Foods EXPOで本紙撮影)

防災備蓄品の企画開発・販売を行うグリーンデザイン&コンサルティング(東京都世田谷区、笠浩一郎社長)は、長期保存が可能なレトルト食品のラインナップを充実。おかず、ごはん、パン、水などを、単品だけでなく種類を組み合わせたワンパッケージで提供している。組み合わせはカスタマイズによって自在。アレルギーやハラールにも対応する。

扱うレトルト食品は、包装フィルムと加圧加熱殺菌処理の技術によって7年間の長期保存を可能にしたもの。「カレーピラフ」や「五目ごはん」といったご飯シリーズのほか「とり筑前煮」「牛丼の素」などのおかずシリーズ、さらに白飯、パン、クッキーと、製品ラインナップの拡充を図ってきた。

ごはん類と米粉クッキーは、食物アレルギー特定原材料等28品目と貝類を使用していないほかハラール認証を取得。それ以外の食品も原材料等を明記し、QRコードによって23カ国語に翻訳できるようにしている。それぞれ単品でも販売するが、パッケージ化することで家庭や企業の備蓄食管理を支援。保存期限やアレルゲンの確認、選り分け・配布にかかる手間とロスを削減する。

一般的なパッケージは、東京都の備蓄基準に合わせた7年保存1人用3日分保存食セット「Completed Version」。W233×D205×H170㎜の化粧箱にレトルトのごはん3個、パン3個、クッキー3個と水3本、スプーンが入る。重量は3200グラム、希望小売価格は税込み4968円、企業であれば従業員の数だけ購入し、そのまま配布することも可能だ。部署ごとに保管してもいい。

パッケージはこのほか、アレルギー対応セット、1日分セット、おかずのみのセット、愛犬用のセットなど複数。雪道での車のスタックを想定し、保存食品・水とともにアルミブランケットや携帯トイレなどをクーラーボックスに収納した車載備蓄セットもある。

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部