災害備蓄品の納品からフードバンク等への寄贈までのサポートをパッケージ化

ALSOKは、賞味期限を残した災害備蓄品を、フードバンク等を通じて全国の各種福祉施設や団体に寄贈し、フードロス削減に取り組む「社会貢献型災害備蓄品利用サービス」を販売する。災害備蓄品の納品から期限管理および棚卸、災害発生時の費消・使用時の補充、フードバンク等への寄贈までのサポートをパッケージ化したもの。

同サービスでは、契約期間を4年6カ月とし、賞味期限を半年間残した状態で新たな災害備蓄品を納品すると同時に、これまで保存してきた災害備蓄品を、フードバンク等を通じて全国の各種福祉施設や団体に寄贈する。これにより、賞味期限を迎える防災備蓄品の処分が不要となる一方で、備蓄品を支援物資として有効活用し、社会問題となっているフードロス削減につなげられる。月額払いのため、災害備蓄品の費用が平準化できるメリットもある。

災害で使用した備蓄品の補充は、契約期間中、年1回まで可能。同社による年1回の災害備蓄品の棚卸(備蓄品の点検)は、オプションとして提供する。

同サービスで提供する災害備蓄品のセットは、ハラール認証取得済みのアルファ米と保存水の「シンプルセット」と、カレー、アルファ米、おにぎり、パン、ライスクッキー、ミルクスティック、保存水からなる「バラエティセット」の2種類。どちらのセットも、「特定アレルギー物質不使用」、「水またはお湯で調理可能」、「食器不要(スプーン付き)」、「賞味期限5年」を特徴とする。発注単位は、「シンプルセット」が10人分、「バラエティセット」が4人分。オプションとして、トイレセットを追加可能。

サービス料金の参考価格(税込、100名・3日分の場合)は、「シンプルセット」が月額1万9690円、「バラエティセット」が同2万3884円。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部