※「ZOOM」を使える人に限り参加可能です。定員は50人とさせていただきます。事前に視聴可能かどうかご確認の上、お申し込みください。本セミナーはウェビナー方式で行います。

2022年6月の危機管理塾は6月21日(火)16時から行います。発表者は、石油製品の卸・販売、GS(ガソリンスタンド)運営を行う総合エナジー株式会社環境防災事業部開発・営業統括部長の服部洋氏。災害発生時、電気や水と並んで重要なガソリンの供給を止めないための備えについてお話いただきます。

同社は自社の油槽所を保有し、9カ所のGSを展開する広島県の地場産業。東日本大震災以降、本社・店舗の災害対応力の強化に努め、2018年西日本豪雨の際は地域住民の避難支援機能も果たしました。業務継続に重要なのは設備と人、つまり供給システムとオペレーションだと服部部長はいいます。

災害時に機能するGSの供給システムとオペレーションとは? 両者を動かすために何が必要か? そこには全社的な防災・BCPの体制・仕組み、訓練はもちろん、現場の実効性を確保するさまざまな取り組みがあります。質問を交えながらご紹介いただきます(皆様からの質問はQ&Aで受け付ける予定です)。

ぜひご参加ください。

【主な事例発表の内容】
1.綜合エナジーの事業概要
2.災害対応力強化のポイント

・GSの災害対応力強化の経緯
・燃料供給を止めないためのポイント
・西日本豪雨で求められた避難支援機能
3.防災・BCPの体制・仕組みと実効性確保の取り組み
・防災・BCPの概要
・災害時の本社・店舗の初動体制・フロー
・実効性を担保するための取り組み
・訓練のやり方・効果・課題
4.地域を支えるGSとしての今後の展開

「危機管理塾」とは?
防災・BCPの実務者向け勉強会で、毎月1回、原則第2火曜日に開催。防災やBCP、リスクマネジメントに取り組んでいる組織の担当者、有識者らを講師に招き、教育や訓練、研究に関する実践的な活動を発表いただくとともに、参加者の意見交換などを通じて、平時から相談しあえる危機管理コミュニティの創造を目指します。


危機管理塾は「リスク対策.PRO会員」向けの勉強会です。会員登録(有料)後お申し込みください。

開催概要

◆日時:2022年6月21日(火)
    16:00~17:30(会場配信開始 15:45~)

◆主催:リスク対策.com(株式会社新建新聞社)
◆定員:50人
◆参加費:
リスク対策.PRO会員限定 無料

プログラム

※15:45から会場からの映像配信を開始する予定です。
 通信状況などをご確認ください。

開会 16:00

燃料を止めるな! GSの防災・BCP
災害時に機能する供給システムとオペレーション

 

 

 

 

 

 

 

綜合エナジー株式会社
環境防災事業部開発・営業統括部長
服部洋氏

主な発表内容 ※当日皆様からの質問もQ&Aから受け付けます

1.綜合エナジーの事業概要
2.災害対応力強化のポイント
3.防災・BCPの体制・仕組みと実効性確保の取り組み
4.地域を支えるGSとしての今後の展開

終了    17:30 (予定)
 


※プログラム・タイムスケジュールおよび講師は、都合により変更になる可能性があります。

【個人情報の取り扱いについて】 株式会社新建新聞社(以下「弊社」と表現します)は、危機管理塾に申し込まれた際に、お客様からご登録いただく個人情報を、以下に掲げる内容と弊社プライバシーポリシー(https://www.shinkenpress.co.jp/privacy-policy)に基づき適切に取り扱います。
 


〔危機管理塾に関するお問い合わせ〕
新建新聞社 リスク対策.com 危機管理塾運営事務局
〒102-0083 東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麴町ビル7F
TEL03-3556-5525   E-mail: risk-t@shinkenpress.co.jp