出村社長はドローンのみでなくロボットの活用も目指す

ドローンソリューション事業を手がけるブイキューブロボティクスは1日付で社名を「株式会社センシンロボティクス」に社名を変更。第三者割当増資などで総額約12億円の調達も行った。今後、ドローンに限らずロボットを活用し、災害対応や労働問題の解決などに努めていく。

センシンロボティクスは2015年10月にテレワーク事業などを手がけるブイキューブの社内ベンチャーとして設立。既に独立した経営となっていたが、今回の資金調達でより独立性を高め、社名も変更することとなった。増資の引受先はEight Roads Ventures Japan、グロービス・キャピタル・パートナーズ、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、Drone Fundの4社。新社名の「センシン」には「先進」「専心」「潜心」の意味があるという。

今後の事業としては(1)設備点検(2)災害対応(3)警備監視―に注力する。橋などインフラをはじめとする設備点検については、高所での点検など危険な作業の安全性確保のほか、労働力不足という課題もある。また、災害対応については危険な中での状況把握と正確な情報伝達、警備は2020年東京オリンピック・パラリンピックを控え労働力不足の中で監視活動を強めていく必要に迫られている。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方