1.品質管理(Quality Control)導入の過程
我が国における品質管理(QualityControl)導入の過程については、1997年8月刊行の「日科技連創立50年史」に詳述されています。http://www.juse.or.jp/about/pdf/history/history_50_2.pdf 

我が国が第二次世界大戦に敗北した翌年の1946年11月に、連合軍最高司令部(GHQ)の担当者が統計的品質管理の導入を勧告しました。当時は我が国の産業界では品質管理に関する認識がいたって希薄でした。1949年、日科技連(日本科学技術連盟)が経済安定本部から「海外技術調査」の委託を受け、この調査が品質管理セミナー実施に結びつきました。 

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方