私たちの周りにあるセキュリティ「モノ」についてお話をしていますが、今月は番外編「航空会社の方々へ」です。

乗務員による飲酒問題

昨年から今年にかけて航空機の安全と安心を守るはずの操縦士やキャビンアテンダント(CA)による飲酒が問題になっています。日本の代表的な翼であるJALとANAだけではなく、スカイマークでも機長からアルコールが検出され札幌発の便が遅延しました。過剰労働、ストレス、寝つけないなど様々な理由が言われていますが、どのような理由があっても酒の臭いをさせて乗務することは決して許されません。航空会社を監督する立場の国土交通省航空局は飲酒事案が発覚した各航空会社に対し、厳重注意や業務改善勧告を出しました。どの航空会社も今後はより厳格な乗務前の飲酒検査を実施し、酒に関するスタッフ教育を行うと約束しました。

航空管制官も実施対象に

国土交通省は航空会社だけではなく、航空管制官についても業務前の飲酒検査の導入を検討しています。国家公務員である航空管制官は、レーダーや無線を通じて航空機に離陸・着陸の指示をします。羽田空港では1時間に最大約80回、航空機の離発着があり、すべては航空管制官の指示次第、つまり上空と地上に列を作らせ待機させ、1機ずつ安全に離陸させ着陸させるためには彼らの存在が不可欠なのです。航空機の安全運航を担うという大きな責任を持つのですから当然だと思うのですが、一方で今まで航空管制官については飲酒に関する明確なルールがなかったという点には驚きました。

羽田のような過密空港では、緊急事態がひとつ発生すると上空や地上で待機している航空機へも莫大な影響がもたらされます。航空管制官には瞬時の判断が要求され、それを誤ると甚大な被害につながります。重責を担う管制官がアルコールを飲んでいたら・・・・。個人差はありますが、たった1杯のビールでも判断力や反応力が通常とは異なります。酒で鈍った判断力のせいで航空機事故が起きることもありえるのです。アルコールに関するしっかりとしたルール作りをこれからするというのは・・・国土交通省も遅すぎですよね。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方