リスク対策.com読者の中にも、東京2020大会のボランティアスタッフに応募したという方もいるかと思います。今回も前回に引き続き、ボランティアスタッフに対するバックグラウンドチェックについてお話しをします。

東京2020大会のボランティアスタッフになるには

東京2020大会公式ウェブサイト(https://tokyo2020.org/jp/special/volunteer/)によると、ボランティアには20万4680人の応募がありました。その内訳は、男性36%、女性64%、日本国籍64%、日本国籍以外36%だったそうです。

応募条件は、(a) 2002年4月1日以前に生まれた者で、(b) 活動期間中に日本国籍または日本に滞在する在留資格を有する者であることです。オリエンテーションや研修を受けて、役割などが決まれば晴れて大会ボランティアとして登録され、活動することができます。これらの条件を満たしていれば応募することができ、応募時の欠格事由の記載はありません。

ボランティアとして活動できるフィールドは、競技運営のサポート、関係者の移動サポート、表彰式等の運営サポートなど、多岐に渡っています。その中には、保安検査場でのセキュリティチェックのサポート、海外要人などのアテンド、選手村での選手サポートなど、高いセキュリティを要求されるエリアでの活動も含まれています。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方