日本初の液体ミルク!グリコが発売です

あれは2004年のことです。親戚から「子どもが生まれそうなので早急にニューヨークに来てくれないか。約1カ月間滞在して生まれたての乳児の世話をしてほしい」との依頼を受けました。昼間は出歩いたりしても自由で、夜間の子守りだけお願いしたいというのだ。私は二つ返事で引き受けました。ニューヨークを探訪する絶好のチャンスだ!

この仕事は思いのほか、楽ちんでした。なんと「液体ミルク」が用意されていたのです。泣きだしたらダンボール製の箱からミルクを取り出します。ふたを取ると乳首がついているのです。それを装着して飲ませます。そう110ミリリットルぐらいです。温めたりしません。使い捨てでした。そのうち、この子はアレルギー体質だとわかり、大豆で作ったミルクに取り換えてもらう交渉をするとOKでした。牛乳と豆乳と2種類あり、選択できました。ちなみに、液体ミルクで育ったニューヨークっ子は今、都内の私学の中3だそうです。あれから14年がたちました。

液体ミルクで育った子です!かなり昔の写真ですが、かわいいですね!
ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方