写真を拡大 板橋区が重視するSDGsの17項目(出典:国際連合広報センターホームページ)

東京都23区内の災害対策は多様です。それは、地形や過去の経験が様々だから。お住まいの地域の防災対策が「その区ならでは」のものになっていることをご存知ですか?まずは、住んでいるまちのことを知り、そのまちで安心して暮らすための対策を知る。その行動次第であなたの大切な人の命が救われるとしたら…? 23区の「その区ならでは」をここで一挙にお伝えします! 今回は、板橋区です。


全国8位、都内1位

「SDGs(持続可能な開発目標)先進度調査」で板橋区が全国8位・東京都内1位!!

突然出てきましたが…。
持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2015年9月の国連サミットで採択された、全ての先進国と発展途上国で取り組む2016年から2030年までの国際目標のこと。「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載されていて、分野ごとに17の目標があります。

分野には、貧困、エネルギー、産業と技術革新、経済やまちづくりなど一人ひとりの生活に密接した取り組みが挙げられています。「国際目標」と掲げられると、自分の生活とはかけ離れている…と思いがちですが、日常生活に直結する目標となっています。

11番目の目標には、「住み続けられるまちづくりを... 都市と人間の居住地を包摂的、安全、強靭かつ持続可能にする」とあり、災害が起きても安全、強靭かつ持続可能なまちをつくっていく目標が定められています。

難しい言葉で表現されていますが、「一人ひとりの命が守れ、安全に幸せに生き続けられるまちを創るために取り組んでいこう!」という目標です。

17の目標、すべての実現にあたっては「誰一人取り残さない」ことを目指しています。そのためには、国レベルに加えて、地域での取り組みが欠かせません。板橋区では、世界共通の目標に対して、全国8位という評価がつくほど積極的に取り組まれているのですね。

目標達成に向けて、地方自治体における地域資源やエネルギー補完による循環共生型の社会づくり、環境教育などの取り組みが、板橋区では、進められています。また国や都、区民、事業者と連携協働のもと、区としてSDGsの目標達成に寄与されています。

具体的には、

・「緑のカーテン」等、地球温暖化対策の実施
・環境教育プログラムを整備し、ホームページ掲載や、区立小中学校・保育園等への配布
・貧困の連鎖を防ぐため、すべての子どもたちが夢と希望を持って成長する板橋の実現を目指す「いたばし子ども 夢つむぐプロジェクト」の実施
・女性の社会参画及び経済的自立の支援のため「女性の再就職支援や育児中女性支援プログラム」等の実施

などを推進されています。

「そういえば…学校でこどもが環境教育プログラムを受けていたな〜」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。学校などで新しく取り組まれていることは、2030年までの達成を目指している目標のための活動につながっているのですね!

今後さらに、行政・民間企業・NGO・区民などが協力して知恵を出し合い、目標達成に向けて取り組みを続ける板橋区では、どのような防災対策がなされているのでしょうか。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方