2016年の熊本地震で倒壊した家屋

今年も、「水(水害)の季節」がやって来た。近年、洪水が各地で頻発している。地震は「忘れたころにやって来る」という。常時備えが不可欠である。今号では、防災・減災に取り組む研究機関や全国ネットワークが作成した<大災害への心得>や<被害に遭った際の対応>について紹介してみたい。引用する資料は、一般の方々の理解に配慮した身近なネタで分かりやすい記述となっている。これは重要なことである。

国民向けの防災・減災資料(冊子、広報誌、文献など)は、分かりやすさを最優先すべきであることは言うまでもない。絵入りなどの視覚に訴える資料も歓迎されよう。専門用語の乱発などは論外である。以下によくできた分かりやすい災害対応資料を紹介する所以である。(原文のママとする)。

防災科研の「大地震への心得」

国立研究開発法人防災科学技術研究所(防災科研、茨城県つくば市)作成の「大地震の心得」から、まず紹介したい。(対象は小中学生や主婦らとみられ、分かりやすいイラストが掲載されているのだが割愛する)。この「心得」は「いざ大地震発生!という時に適切な行動がとれるように、ふだんから心がけていることが大切です。地震の被害を防いだり、軽くしたりするために、ぜひ実行して欲しいことを標語(注意事項)にしました」と作成の目的を記す。標語を逐次紹介する。

・<丈夫な机、テーブルに身をかくそう>
 グラッときたら、まず丈夫な机やテーブルなどの下に身をかくし、落ち着いて次の行動を考えましょう。

・<あわてて戸外にとび出すな>
あわてて戸外にとび出すと、窓ガラス・タイルなどの落下物が多いので、とても危険です。

・<せまい路地・へいの近くをさけよう>
広い道・広い庭などにひなんしましょう。ブロックべいなどがたおれてくるので注意しましょう。

・<人命救助にも消火が第一>
大地震では、まず第一に火を出さないようにしましょう。出火した場合は、まわりの人と協力してすぐ消火することが、多くの人命を救うために大切です。

・<ゆれがおさまったら火のしまつ>
ゆれているあいだは、熱湯や油でやけどをすることがあります。無理をせず、ゆれがおさまってから、あわてずに火のしまつをしましょう。※火が天井に届いたら、ひなんが優先です。

・<落ちついて行動をはじめましょう>
ゆれがおさまったら、落ち着いて、適切な行動をはじめるようにしましょう。ただし、大きな地震では、余震がいくつも続いて発生することがあるので注意しましょう。

・<確実な情報を得よう>
大地震のあとはデマがとぶことがあります。ラジオやテレビなど、発信元の確かな情報を得るようにしましょう。

・<海岸や川の近くでは津波に注意、すぐ高台へひなんしよう>
津波は、地震直後にやってくることもあります。海岸付近や川沿いでゆれを感じたら、すぐに高台へひなんしましょう。強いゆれがなくても津波がくることがありますので、注意しましょう。

・<山地では山くずれ、傾斜地ではがけくずれ>
大地震では山くずれや、がけくずれが発生します。谷に住む人はふだんから注意し、いざというときにはすぐひなんしましょう。

・<われがちの行動は混乱のもと>
移動やひなんに自動車を使うと、交通の混乱をまねき、緊急車両の通行のさまたげになります。順番や、きまりを守り、協力しあうことが大切です。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方