https://www.jems.com/2017/07/01/ems-transport-of-service-dogs-support-animals/から

写真を拡大 (出典:JEMS)

地元のショッピングモールからの要請を受けて駆け付けた消防隊と救急隊は、胸の痛みを訴えて苦しんでいる38歳の女性ナンシーさんを発見。ナンシーさんは犬と一緒に歩道にあるバス停の椅子に座っています。

周りの人が言うには、彼女はバスに乗り遅れてがっかりしていたかのように見えたと思っていた矢先、数分後に気分の悪さを訴えました。

ナンシーさんは目に見えて動揺しているようですが、質問には適切に答えることができています。彼女の心拍数は96としっかりと規則正しく、モニターの洞調律に一致し、血圧は156/88、呼吸数は28、呼吸困難には陥っていません。

彼女のその他のバイタルサイン(生命の兆候)とフィジカルアセスメント(問診・視診・触診・打診・聴診などの身体評価)は、通常の範囲内です。彼女は時折パニック発作を起こすことを除いては、特に医療上の問題はないと言っています。ナンシーさんは病院への搬送を希望しており、ここから20分離れた病院への搬送に同意していますが、彼女と一緒にいる犬を同伴することを強く望んでいます。

彼女は、この犬が情緒障害(エモーショナル)をサポートする補助犬であることを伝え、またこの犬がアメリカ補助犬協会によって認定された犬であることを示す公式文書のように見える書類を見せてくれています。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方