(イメージ:Shutterstock)

ビジネスインパクト分析において、異なるプロセスの優先順位をどのように決定しますか?

利用不可能になっている一部のプロセスは、一定期間に大きなインパクトを与えますが、その後は無視できる程度のインパクトにとどまります。

プロセス優先順位決定

・復旧時間を対象に優先順位を決定し、緊急性に応じて日ごとに優先順位を再決定します。

・プロセスの優先順位決定は、各プロセス内または組織全体に対する大きな変更に基づいてのみ実施すべきです。

・プロセスの優先順位決定は、毎時/毎日/毎月の課題であるかもしれません。その事業に一定のベースである程度の機能/データ処理を行わなけばならないプロセスがある場合、これは優先順位リストに反映される必要があります。事業ユニットと下部ユニットにはそれぞれの貢献度があり、また最も重要なことに関して一致している必要があります。リストは時間刻みで“変化”する必要があります。それぞれの“クリティカル”な作業には、最小のインパクトを保証するためのフェイルオーバーやバックアッププロセスが備わっている必要があります。

・定量的および定性的根拠が認められる場合には、重要度(クリティカリティ)によってプロセスの優先順位を定める必要があります。私たちは数時間、数日、または数週間の時間枠で、さまざまな観点から財務、営業、顧客、法規、および社会評価へのインパクトに注目します。

最悪のシナリオ

・そのプロセスにとって1年/1日/1週間の最悪のタイミングでインシデントが発生したと仮定し、能力がそれに対応できることを確かめます。そうでなければ、非常に複雑なマトリックスと変数の多過ぎる計画に終わってしまいます。

・最悪のシナリオに基づいて可用性要件を実行する必要があります。これは最悪のシナリオに対応するために必要な時間枠内での復旧が確保できるように能力を構築するためです。インシデントのタイミングによって、プロセス復旧の優先順位決定が進められます。重要なことは、インシデントが発生する時期に基づいた復旧取り組みを把握し、管理できる良好な危機管理プロセスを持つことです。

・現実的かつ最悪のシナリオとプロセスの全体的インパクト、それがどのように現地、地域、国全体、またはグローバルな規模で事業に影響するかを考慮する必要があります。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方