TrecViewでセンサ情報を記録、運転席側に設置したスマートフォンではGPSの位置情報を記録する

神栄テクノロジー応用地質は、輸送中の貨物に関する各種情報(日時、位置、温度、湿度、振動)をモニタリングし、異常発生のリアルタイム通知や輸送状態のレポートを自動作成する機能を持つ、クラウド型輸送貨物監視システム「TrecView Cloud」のサービスを提供する。

同サービスは、神栄テクノロジーが開発し、製造・販売する各種センサーと通信機能を内蔵した小型輸送記録計『TrecView』と、応用地質が開発し、豊富な実績を有する地理情報システム『MAGIS』を組み合わせたもの。貨物側に設置されるTrecViewでセンサー情報(振動、温度、湿度)を記録、運転席側に設置したスマートフォンではGPSの位置情報を記録する。

TrecViewが危険な振動を検知した場合、スマートフォンへ迅速に異常を通知するため、運転手はその場で対応を判断できる。また、輸送終了後、TrecViewの全記録データと、スマートフォンに記録された位置情報をサーバーへ転送すると、調査報告書が自動作成される。これにより、担当者の作業負担が大幅に軽減されるほか、データの改ざん防止にもつながり、信頼性の高い輸送サービスの提供が可能になる。

『TrecView Cloud』は、運用面を大きく変更することなく容易に導入できる点が特徴。リアルタイム監視モードのほか、輸送後に記録データを確認する通常計測モードも使用できる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部