企業の事業活動にはさまざまなリスクが伴います。企業は自社の事業をつつがなく行うためにリスクへの対応を進めています。

ただ、リスクにはさまざまな工程で要因があり、それぞれにトレードオフの関係が潜んでいます。例えば、納期遅延リスクの要因としては、受注条件変更や資材調達の問題、品質不適合、人員不足、設備の不具合などがあります。一つのリスク要因に対応すると、別のリスク要因が顕在化してしまうということは少なくありません。

このようにリスク対応は単一部門だけの問題にとどまりません。単一部門のリスク対応=部分最適の結果、ほかの部門のリスクを引き起こす可能性もあるのです。リスクを組織横断的にマネジメントする仕組みが必要なのです。そこで求められるのが全社的なリスクマネジメント(ERM=Enterprise Risk Management)です。1つのリスク事象に紐づく多様な要因をマネジメントして、全体最適化を進めなくてはいけません。

本研修では、いざというときにきちんと機能するERMの進め方のポイントを専門コンサルタントとしてERMに携わった経験などをベースにわかりやすく解説いたします。

 

 

実効性の高いERMの進め方(全5回)の概要

 

講師

【講師】

株式会社 フォーサイツコンサルティング 
代表取締役   浅野 睦
(一般財団法人 リスクマネジメント協会 理事)

【プロフィール】

リスクマネジメントを専門とする経営コンサルタント。大手流通業丸井 商品部バイヤー、商品本部長補佐部門から米国系金融機関を経て、96年開業。大前研一氏が主宰する「ビジネス・ブレークスルー」の立ち上げ時期に、リスク
マネジメントに関するコンテンツの開発と講師を担当。その後リスクマネジメント協会理事に就任し、現在に至る。全社的リスクマネジメント、BCP(事業継続計画)、事故防止、コンプライアンス等を中心に、企業のリスクマネジメント体制づくり、BCP策定、リスク管理委員会運営支援、リスク評価・分析等のコンサルティングおよび研修、講演活動を行う。今までに関わったリスク案件数(調査・評価・仕組み構築・研修等)は、3000件以上。
主なクライアントは、電力、通信、鉄道、電機、鉄鋼、化学、自動車、家電、製薬、食品、流通、建設、物流、金融、IT、生損保、不動産、医療、介護、保育、教育、官公庁など、多岐にわたる。
明治学院大学経済学部CSR特別講座・講師(不定期)
東京都福祉サービス第三者評価制度、経営ワーキング委員など

内容

第1回 身近な事例から考えるリスク 
第2回 リスクとは 
第3回 ERMで捉えるリスクとは?
    ~リスクアペタイト、リスクカルチャーの理解~
第4回 ERMの実効性を高くする
第5回 ERMの評価と改善

※資料PDFダウンロード可能
 (講師資料を再構成)

目標

危機管理担当者のスキルアップ、経営層への啓発動画などとして活用してください。

受講料

●通常オンライン受講(90日間視聴可能) 22,000円 (税込)
※自動更新はございません。1回のみのお支払いとなります。
※リスク対策.PRO会員は無料で利用できます。