サブスクリプション方式により、初期導入費を抑えながら、最新で多様な教育コンテンツを利用できる

明電舎は、子会社である明電システムソリューションを通じて、「VR安全体感教育コンテンツ」を月額定額・使い放題のサブスクリプション方式で販売する。専用サイトで販売している全9種類(墜落・火災・感電・窒息・落下物・車両転覆・挟まれ、巻き込まれ・衝突・転倒)のコンテンツを自由にダウンロードして使用できるほか、今後開発される新作コンテンツについても、リリースされ次第、利用可能となる。

これにより、利用者は、VRコンテンツを一括購入する場合に比べ、初期導入費を抑えて教育を実施できるようになる。また、常に最新で多様な教育コンテンツを利用できることから、安全教育のマンネリ化や教育コンテンツの陳腐化等を防ぐことができる。

月額利用料(税抜)は、年間契約の場合が8万円、半年契約が9万円、単月契約が10万円。利用者の業態に合わせて、1コンテンツ毎のサブスクリプション契約も可能。

なお、VRコンテンツの利用には、VRコンテンツをインストールする専用PCとヘッドマウントディスプレイが必要。3軸シミュレータも付帯機器として想定するが、無い場合でも利用可能。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部