サーモ画像と可視画像がほぼ同軸で撮影可能。顔認証との組合せ時にも高精度なシステムを構築できる

赤外線サーモグラフィカメラの開発・製造・販売などを手がける日本アビオニクスは、発熱者スクリーニング用の赤外線サーモグラフィカメラ「InfReC(インフレック)フィーバースクリーニングシリーズ」の新たなラインアップとなるサーモカメラモジュール「C50A-FS」(7月出荷開始)を販売する。入退室管理システムやセキュリティゲートへの組み込みを提案するもの。

同製品は、人の体表温度から、発熱の疑いがある人を被検者に近寄ることなく衛生的に特定する発熱者スクリーニング用の高性能サーモカメラモジュール。240×240画素の高解像度なサーモカメラに720×720画素の可視カメラを一体化し、100グラムまで小型化したことで、サーモ画像と可視画像がほぼ同軸で撮影できる。顔認証との組み合わせ時にも、カメラ1台で高精度なシステム構築が可能。USBケーブル1本による接続とIP54相当の防塵防沫性能により、様々な場所に簡単に設置できる。

同製品は、同社の国内工場で生産されるほか、データ保存やワイヤレス通信機能を持たせず、USBによるサーモ画像と可視画像の出力のみに機能を限定しているため、安心してシステムに組み込んで利用できる。

同社は同製品向けに、Windows版とLinux版のソフトウェア開発キットをホームページからのダウンロードで無料提供する。ホームページにQ&A集を公開しているほか、メールによる無償サポート、開発への有償サポートなど、サポート体制も提供する。

同製品の測定視野角は、熱画像が35度×35度、可視画像が70度×70度。測定距離範囲は100センチメートル~∞。フォーカスは固定(パンフォーカス)。測定温度範囲は、摂氏0度~50度(単レンジ)。温度分解能は摂氏30度で0.1。温度精度は摂氏±1.0度(NUC実行1分後)。データ転送レートは、熱画像が7.5ヘルツ、可視画像が15ヘルツ。使用環境温度は、摂氏10度~35度。

外部インターフェースはUSB2.0(Type Aコネクタ、ケーブル長1.1メートル)。外形寸法は、幅30×奥行き130×高さ40ミリメートル(突起部、ケーブル含まず)。質量は約100グラム。希望小売価格はオープンプライス。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部