温度の履歴・分布・時系列変化を蓄積することで、劣化や故障の予兆発見に繋げられる

コニカミノルタジャパンは、温度を“見える化”してデータ活用する「温度モニタリングソリューション(TMA)」を提供する。ドイツの関係会社であるMOBOTIX社のエッジサーマルカメラの火災予防ソリューションと組み合わせ、温度のモニタリングを行うことで、火災予防だけでなく設備保全・品質管理に寄与するもの。

TMAでは、遠隔から非接触で表面温度(-40度~550度)を測定できるMOBOTIX社製サーマルカメラで取得した温度データの履歴を残し、時系列に追跡する。サーマルカメラによる面の監視で設定したエリア(最大20箇所)の定常状態を把握して閾値を設定し、異常熱や発火危険温度を履歴から予測し、設定温度を検知し次第、パトライトの点灯やメール通知などの方法で通知して火災を予防する。

温度の履歴・分布・時系列変化を蓄積することで、劣化や故障の予兆発見に繋げられるほか、加熱・冷却後の温度履歴・分布から傾向を分析して温度管理をすることで、品質の標準化に生かせる。

TMAでは、4台までのサーマルカメラを一括管理できることから、従来難しかった温度測定領域設定や温度情報の統合管理が可能となる。可視画像でも保存されるため、実際に何があったかを視覚的に捉えることができる。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部