ABSなしで滑る道を

先週のフルブレーキに引き続き、今週もモビリタ体験レポートの続きです。

■キケンを安全に、フルブレーキを練習しよう
https://www.risktaisaku.com/articles/-/18234

フルブレーキの後に練習をしたのは、低μ路ブレーキングというもの。

低μ路は、「ていミューろ」と読みます。ミュー? また、ポケモン? と思ってしまったのですが、(2つ前の記事がポケモンだったので)。μとは摩擦係数のことです。この数字が小さいほど摩擦が低い路面ということになり、低μ路は、滑りやすい路面なのです。

モビリタには2つの低μ路があります。まず最初に体験するのが、白いタイルを敷き詰めて水をまいた「直線低ミュー路(μ=0.1)」。アイスバーンと同じくらい、とても滑りやすい道路です

先ほどのフルブレーキで、タイヤがロックされることなくしっかり効いてくれるABS(アンチロックブレーキシステム)の効果を実感していたのですが、ここではまずABSをオフにしての走行を体験します。怖い〜。

ABSをオフにしての直線低μ路。前方の風船を避けなくてはいけない(写真提供:あんどうりす)

時速50キロでの走行ですが、ABS(ABSと後述するVSC両方をオフにしました)がないと、ブレーキを踏んだらタイヤがロックされ、ハンドルを切ってもぜんぜん曲がりません。車体も流されます。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方