写真を拡大 イラスト:「教えて!ドクター」

新型コロナウイルスの影響で、各地で防災イベントが中止になっています。防災のために、感染症を拡大できないですものね。

で、緊急事態にいつも緩いタイトルで申し訳ありません。でも新型コロナウイルス、インフルエンザ、ノロウイルスの全てに共通する基本の対策が「手洗い」です。

今さら手洗い、と思われるでしょうけど、手洗いをしっかりやるのは大変です。
ましてやそれを子どもに伝えるのって……今回は子どもにも伝えることができれば、みんなにも伝わる手洗いについてお伝えします。

厚生労働省から、手洗いのチラシが出されましたね。

写真を拡大 厚生労働省ホームページから

 

このようなチラシが出されるとき、最近は多言語対応されるようになって良かったと思うのですが、ぜひ取り入れてほしい視点があります。
それは、子ども用を同時に作ってほしいということなんです!

子どもたちがたとえ重症になりにくくても、ウイルスを運ぶ人になってしまえば、重症化する人たちが危険にさらされます。
だから、子ども対策は大人対策でもあるのですが、官公庁の印刷物はちょっと子どもには難しいなと思っています。

「感染症」って漢字で書くと小学校低学年には分かりません。だけど、子どもでも分かるような内容にすると、視覚的に分かりやすくなるので、子どもだけではなく多くの人に理解しやすくなるというメリットがあります。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方