裾野拡大をめざし「入門編」追加

中小企業庁BCP策定運用指針が18年度の公表から初めて改定された。これまでの基本、中級、上級の3コースに加え、今年4月から新たに入門編を追加し、初歩的なBCPから自分にあった形でステップ・アップが図れる体系を整備した。今後は、BCP策定に取り組む企業の数を増やすとともに、業界団体などの集団単位での取り組み、地域単位の面としての取り組みを含めた展開を目指す。

中小企業庁経営安定対策室によると、中小企業へのBCP普及率は、東日本大震災で関心は高まったものの、この5年間で必ずしも伸びている状況とは言えない。 

経営安定対策室の成瀬輝男課長補佐は、BCP普及のためには従来の防災のためのBCPという考えを変える必要があると説く。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方