1. アメリカにおけるリスクマネジメントの発展
アメリカにおけるリスクマネジメントは、企業が損害保険を掛けるにあたり、いかに有利に損害保険を購入するかという視点で生まれ育ってきています。

日本と異なり欧米では、保険ブローカーが企業と保険会社の間に立って損害保険契約の締結をサポート(契約の媒介)することが主流になっています。

保険ブローカーとは「保険契約者と保険会社の間に立って、契約者のために最適な保険契約の締結の実現に向けて尽力する者」とされています。損害保険ブローカーと代理店の立場の違い会社は損害保険の引受けを行うだけです。

また、アメリカでは損害保険の保険料は企業や業界のリスクの発生状況によって大きく変動します。企業の損害保険の担当者は、現在の保険料水準 が低ければ、なるべく自社のリスクを損害保険に転嫁します。つまり、 保険をなるべく多く買うことで、 保険によってカバーされるリスクの範囲を広げるわけです。逆に、保険料水準が高い時期には、自社のリスクを損害保険に転嫁する割合をなるべく低くして、残余のリスクは自社で保有します。言い換えれ ば、保険にかける費用を低く抑えるかわりに、保険でカバーされる範囲も狭めるということです。ただし、それだけでは保険でカバーされていないリスク が現実に起きた場合の損失による影響が大きくなっ てしまうため、リスクマネジメントを徹底して、自社で保有しているリスクの発生を可能な限り軽減し ようとします。

リスクマネジメントとは、「リスクの持つ悪影響を極小のコストで、極小化すること」と定義するこ とができます。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方