国際連合危険物輸送勧告に定める爆発物の表示の例(出典:Wikipedia、https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%88%86%E7%99%BA%E7%89%A9#/media/File:Dangclass1.svg

私たちの周りにあるセキュリティ「モノ」についてお話をしています。今月は爆発物検知器について説明します。

爆発物検知器ってどんなモノ?

爆発物検知器は、その名前の通り、爆発物を、正確には爆発物の原料として使われる火薬や爆薬などを検知する機器です。火薬や爆薬の種類によって検知の仕方は様々ですが、目にする機会が多いのは拭き取り式の検知方法です。空港の保安検査場を通過するとき、荷物の確認として紙でカバンの取っ手や開閉部分を拭き取られたことがある方もいらっしゃるでしょう。爆発物を運んでいたり、製造したりした人にはその過程で手に火薬や爆薬の粒子が付着します。この粒子はなかなか取れません。そこで素手で触る部分を中心に紙で拭き取り、拭き取った紙を検知器に入れ、火薬や爆薬の粒子の有無を確認しています。 

爆発物検知器のライバルは犬

日本と同じように海外でも、空港、港、駅、裁判所、政府機関など多くの場所に爆発物検知器が設置されています。最近の検知器は、ユーザビリティに優れています。現場での使い方はとてもシンプル、メンテナンスも楽、小型化が進み、どこにでも設置しやすく、さらに検知可能な爆薬や火薬も増えています。性能がどんどん向上しており、私たちの安心・安全のために欠かせないものとなりました。しかしこれだけ優れた検知器であっても、どうしても勝てない相手がいます。それは犬の嗅覚です。

欧米ではイベント等の爆発物チェックのために検知器をセットしていたとしても、犬を必ず使います。人間の100万倍とも1億倍ともいわれる嗅覚を持つ犬たちは、爆薬や火薬を使った爆発物を正確に瞬時に発見することができます。瞬時性、直感性においては、どれほど高性能の検知器であってもまだまだ彼らには敵いません。犬なくして爆発物検知はなしえない状況です。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に2018年4月1日以降に、会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、以下のページをご覧いただき、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

□リスク対策.comの会員登録(無料)について

「リスク対策.com」では2018年4月1日から、無料会員制度をスタートいたしました。会員登録された方には、毎日BCPや危機管理に関する旬な情報をお届けするメールマガジン、今後拡充していく会員限定記事の閲覧やホワイトペーパーのダウンロード、セミナー動画が視聴できるようになるほか、弊社主催のセミナーへの参加登録が簡単になるなど、会員特典を充実させていきます。

この機会にぜひ会員登録していただきますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。(編集部一同)

» パスワードをお忘れの方