私たちの周りにあるセキュリティ「モノ」についてお話をしています。今月は顔認証システムについて説明します。


顔認証システムってどんなモノ?

顔認証システム(Facial Recognition System)は、監視カメラで捉えた画像で人の顔と思われる部分と登録済の顔データとを照合し、本人か否かを自動的に識別するシステムです。

暗証番号やパスワードを覚える必要がなく、IDカードを持つ必要もないため、顔認証を含めた生体認証によるセキュリティは私たちにとって身近で便利なものとなっています。生体認証の中でも顔による認証は指紋、静脈、瞳の虹彩など対象者が能動的に行動する認証スタイルとは異なり、自動的にシステムが顔を検知します。

そのため、顔認証には対象者の自発的な協力は必要なく、監視カメラさえあれば容易にセットできます。犯罪捜査の用途以外にも、パソコンやスマートフォンのロック解除、ももいろクローバーZや嵐といった人気歌手のチケット転売防止、空港での入国審査、過去に万引きしたことがある客の判別、などにも顔認証が使用されています。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方