(出典:El Paris / https://elpais.com)

約400名の消防士が徹夜で消火

フランス・パリを象徴する歴史的建造物、ノートルダム大聖堂で起きた火災は現地時間の4月15日夕方ごろに発生。歴史的な建造物を訪れていた観光客ら数千人が避難を余儀なくされ、激しく燃える屋根の上に立っていた尖塔を炎が包み、やがて、キリストが十字架を背負って倒れるかのようにゆっくりと倒壊し、パリ上空に悲しみの煙を上げた。

この火災で、約400名のパリの消防士達が迅速に駆けつけ、9時間以上かけて徹夜の消火作業にあたった。

Incendie Notre Dame de Paris avec les pompiers de paris(出典:YouTube)

パリ市消防局と警察本部の合同捜査当局は、火災を鎮火した翌16日早朝、現場検証を開始した。内務省によると、建物は火災の影響により、木造の屋根は大部分が焼失し、残っている部分も炭化するなど、部分的に崩落する危険もあり、火災原因調査の過程で2次災害が起こらないよう、関係者に注意を促している。

パリのアンヌ・イダルゴ市長によると、修復作業がどの程度の経済的規模になるのか見極めるだけでも、数カ月はかかる可能性があると各方面の専門家は指摘しているが、現時点では、日本円にして約1000億円という見積もりが多く報道されている。

また、鎮火後の建物の石造部分の全体的な構造は安定しているが、周囲600メートルの石面表裏のすすを除去する作業が必要だと判断された。また、アーチ形の天井は堂内に崩れ落ち、屋根には大きな穴が空いたことで雨が降り込むことから、現場検証中も大がかりな防水対策が必要なことが明確になった。

レミー・ハイツ検察官は16日、現時点において事件性はなかったものと思われるとの見解を示し、「事故だったと思われる」とコメントしている。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方