写真を拡大 (撮影 あんどうりす)


 
今、子育て世代に話題の<オムツの臭い対策>が「パン袋」ということをご存知ですか?このパン袋は、災害時のトイレの臭い対策にも使えるのか、今週はこれについてご報告します。
 
新型肺炎のニュースを見ながら、感染拡大の心配とともに、同時に地震や豪雨が起こったらということも考えてしまいます。ただでさえ人があふれると言われている避難所に行くことも危険になるので自宅や職場にとどまることが大事になります。

そんな時、生きていたら必ず行きたくなるのがトイレです。トイレ問題については、トイレ研究所の所長・加藤篤さんの記事もありますし(加藤さんの連載バックナンバー)、私も国土交通省の動画やマンガ(よくできているのに、あまり知られてないのが残念すぎる作品)について紹介した記事(災害時の最新トイレ事情。国土交通省の動画とマンガは必見!)を書きましたので、そもそも論はそちらで確認してみてくださいね。

で、パン袋って何ってことですが、普通に食パンなどが入っているあの袋のことです。ネットでも袋だけ購入できます。

ところで、普段、子育て世代や防災関係の方に人気の臭い対策袋はこちらです。

災害用も販売されています。

普段から赤ちゃんのオムツの臭いが抑えられるので人気なのですが、オムツの匂いがもれない袋はSSサイズ200枚1500円。1枚7.5円。いいお値段になりますよね。そこで、注目されているのが100枚300円以下、1枚3円以下のリーズナブルなパン袋という訳です。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方