企業にお勤めの方は、もし新型肺炎がさらに広がり最盛期を迎えたら「昼食をどこで食べようか」と心配していませんか? 今回は、食事をする際の感染リスクについて考えてみましょう。

さて、現在のあなたはどれに該当しますか?

1. 社員食堂で好みの料理をとり食べる
2. 外食店に出かけて食べる
3. 出前弁当などを注文し職場で食べる
4.
外で買ってきたものを職場に持ち帰って食べる   

1.「社内食堂で食べる」は多くの場合、残念ながら食堂は閉鎖になります。社員が集まって食べる行為は濃厚接触の機会を増やし、感染を促がすので好ましくありません。

2.「外食店に出かけて食べる」場合、多くの店が閉店状態になる可能性があります。武漢市の映像を見れば分かりますよね。街へ出て食べ物を購入、あるいは外食店に入って食べるのは、ほほ不可能なようです。日本でも同じ状況になるか分かりませんが、衛生上の問題だけではなく、店では、従業員が新型肺炎にかかり、働き手が不足することが懸念されます。おまけに食材、特に生鮮食料品の入手が困難な状況になるでしょう。

3.「出前」はやっていない可能性が大きいですが、やっていたとしても需要が高まり、なかなか注文しても届かない状況になることが考えられます。

4.「外で買ってきたものを職場に持ち帰って食べる」のはどうでしょう? 自分が持参した弁当を自分のテーブルでひとりで食べるのはOKです。その場合でも容器などはアルコールティッシュで拭いた方がいいかもしれません。仲良く他の社員と一緒に食べるのは要注意です。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方