デマにまどわされず、今後は備蓄も視野に

新型コロナウイルス対策でデマが広がった結果として、トイレットペーパーの在庫があるのに、店頭からなくなる事態が発生しましたね。ただ、マスクについても同じですが、日頃から防災備蓄をしている防災関係の方たちからは、「備蓄していたから大丈夫」「むしろみんな備蓄していないかったことを改めて知った」という声が聞こえてきていました。

日頃からの備蓄の重要性を改めて感じた方も多いのではないでしょうか?(今すぐ買いに走れというわけではありませんよ)

トイレットペーパーは在庫があるということですので、落ち着いてからでいいので、今後のための災害対策備蓄も視野に入れておいてほしいと思っています。今後の災害対策は、感染症のため、避難所に行くのも心配という事態がより増えることが予想されます。そのため自宅にとどまれるようにあらかじめ災害対策をしておくことが、今まで以上に重要になります。

で、重要になる局面であるというのに、そして、これはいつも防災関係の方なら口をすっぱくして言っている内容であるのに、それなのに、今言うとあおってることになりかねない状況です。ですから、言いたくても言えなくてモヤモヤしている防災関係の方が多いのではないかと思っています。そんな気持ちを皆さまも察していただけるとうれしいです。

だから、まあ大きな声では言いませんけど、今後はトイレットペーパーも備蓄を考えて購入してほしいです。具体的には、やっぱりこれでしょう。でも、焦って買いに走らないでくださいね!

(写真提供:佐々木美香さん)

ロングトイレットペーパー!

備蓄をしていて大変なのは、場所がないということと、家族の白い目です。家族はなんとか説き伏せるとしても、場所の確保は苦労します。そんなときに、ロングトイレットペーパーは心強い味方です♪

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方