四国版「くしの歯作戦」に向け産官学連携

高知県や徳島県の沿岸部を中心に、南海トラフ地震により甚大な被害が予想される四国では、県、国、ライフライン企業、大学など産官学の関係機関が一体となり、被災後に地域全体を早期に復旧させるための計画「四国地震防災基本戦略」を策定している。これを受け香川大学は、BCPの考え方を地域全体にあてはめ、地域にとって重要な機能を優先的に継続・復旧させる地域継続計画(DCP:District Continuity Plan)を提唱し、現在、具体化に向け事業者間の調整を進めている。ポイントは各組織のBCPを、地域継続の上位概念のもといかに最適化させるかだ。

四国は、南海トラフ地震などによる広範囲に巨大津波により、高知県土佐清水市、黒潮町、四万十町で最大津波高が30mを超えるなど、深刻な被害が想定されている。津波による死者想定数は約6.8万人、負傷者数が約0.5万人、要救助者数が約1.3万人、これに加え、震度6強以上の強い揺れにより、建物倒壊による死者約2.5万人、負傷者約14.6万人、要救助者約8万人が発生すると考えられている。四国4県の総人口約390万人に対して、死者、負傷者、要救助者が33.7万人と、1割近くに上る計算だ。 

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方