要配慮者に対しても高いQOLで避難所生活を送れるように支援する

ベル・データは、災害の想定避難者数や属性に応じた備蓄計画、在庫管理の最適化を支援する防災備蓄管理システム「BxLink(ビーリンク)」バージョン1を提供する。被災時や避難所の生活品質(QOL)に着目し、備蓄計画支援、備蓄在庫最適管理、オペレーション支援、外部連携の4つの機能を通じて、避難所運営を支援する。被災時に置き去りになってしまう可能性の高い要配慮者に対しても、適切な食事や備品がいきわたり、高いQOLで避難所生活を送れることを目指す。

同システムでは、「備蓄計画支援機能」により、想定避難者の人数をはじめ、アレルギー患者割合や嚥下困難者割合等の食に制限のある人にも配慮した備蓄食・備蓄品の在庫計画の立案が可能。また、「備蓄在庫最適管理機能」により、防災備蓄食・備蓄品の在庫数、入手出庫管理、消費期限を備蓄倉庫単位で管理できる。

さらに、消費期限が近づいてきた食品・備蓄品について事前に担当者に通知することで、期限前の入れ替えやフードバンクへの寄付等を促進する「オペレーション支援機能」、政府の備蓄在庫システムや他の倉庫管理システムとデータ連携を可能にする「外部連携機能」を備える。

同サービスは、同社が参画する「災害と宇宙の知恵・経験・技術の概念を安心・安全暮らしに反映させ、よりよい未来を創造していく防災・宇宙フルフィルメントプロジェクト(BSFP)」を通じたパートナーであるワンテーブルとの協業で開発。栄養基準や食品構成等は、BSFPアドバイザーでもある国立健康・栄養研究所/国際災害栄養研究室の笠岡(坪山)宣代室長の監修を受けた。

そのほか、経済産業省の2020年度「スーパー防災都市創造プロジェクト」において、事業参加自治体の防災担当から意見・協力を得ながらシステムの有効性について検証と改良を重ねてきた。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部