軽量コンパクトな構造のため、防災倉庫などでの保管できる。3.5トン未満の小型トラックにも搭載可能

消防車等の開発・製造・販売を行うモリタは、1台で最大約1万1000リットル/分の排水能力を備え、ポンプ設置時間・ホース延長時間の短縮、作業員の省人化に貢献する「小型排水ポンプユニット」を販売する。頻発する大雨・台風や河川の氾濫等の水害対策として提案するもの。

また、大規模火災時には河川等からの遠距離送水が可能。大容量簡易消火栓として使用することで、水利確保が省力化できる。消防車では吸水できない高落差の水源からも送水可能となり、従来の火災時の戦術を一新させる。

同製品は、エンジンや水中ポンプなどの必要な装置をユニット内に収納した軽量・コンパクトなボディ構造を備え、平時は車載せずに防災倉庫などで保管できる。排水ポンプ車両として検討する場合は、車両総重量3.5トン未満の小型トラックも選択できるため、普通免許で大容量の排水ポンプ車の運用が可能となる。

水中ポンプには一人でも移動可能なキャスターを装備し、排水準備の時間を短縮する。フロートが一体となっているため、従来製品のようなフロートの取付作業も不要。

そのほか、同製品は、ユニット内に搭載されたエンジンで動力の油圧を発生させるため、発電機が不要。排水ポンプの操作は、液晶画面付操作盤で簡単に操作可能。1つの操作盤でエンジンやポンプの始動・停止を行うことができる。

製品サイズは、全長約2400×全幅約1250×全高約1650ミリメートル。重量は約1450キログラム。エンジンはディーゼル。燃料タンク容量は113リットル。連続稼働時間は4時間。水中ポンプのサイズは全長約700×全幅約550×全高約550ミリメートル。重量が約50キログラム。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部