点検管理業務のDX基盤としての活用を提案する

センシンロボティクスは、現場の情報を360度パノラマVRで管理できるクラウドアプリケーション『SENSYN 360』を提供する。点検管理業務において「位置情報と異常箇所・点検履歴を結びつけるプラットフォームがほしい」という企業の業務課題から生まれたもの。サブスクリプション型(月額支払)のサービスとして提供する。

同サービスでは、図面と360度写真を組み合わせることで現場を直感的に再現し、現場に行かなくても位置関係を把握・共有できる。複数階の施設やエリアを分割して管理している施設でも表示を容易に切り替えられ、点検記録や作業指示といった現場の情報を詳細な位置と紐付けて管理できる。

プラント内設備の問題箇所など具体的な情報は、メールやチャットで社内・社外の関係者と簡単に共有できる。過去画像の閲覧にも対応しており、修理前後の様子の確認や、工事中の進捗確認、経年での劣化状況の確認等に活用できる。

同サービスは、Webブラウザに加えてiPhone、iPad向け『SENSYN 360』アプリでも利用可能。アプリから360度カメラを操作し、撮影した360度写真をその場でアップロードできるほか、現場で問題箇所や作業指示の確認、点検結果を書き込むことも可能。設備に付随した情報(点検記録、図面、教材等)を追加できるようにすることで、業務のDX基盤としての活用を提案する。客の要望に合わせた機能追加にも対応する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部