大型車両が出入りする物流倉庫、工事現場、高速道路等、高さ制限のある場所での融雪ニーズに対応する

環境機器・産業機械の開発・製造・販売を行うエルコムは、大型車両の出入りするトラックヤードなどの無人融雪を可能にする遠赤外線融雪装置「解けルモ6灯タイプ」を販売する。従来の「4灯タイプ」では対応できなかった車両高さ制限の高い物流倉庫、工事現場、高速道路等での融雪を自動で行うもの。

同製品は、熱でなく、遠赤外線の力で雪を溶かす路盤工事不要の照射型融雪装置。降雪センサーによる自動運転(気温・降雪感知)で稼働し、降ってきた雪が積もる前に、効率よく融雪する。2011年に高さ2.6~2.8メートルに設置する「4灯タイプ」を発売し、2019年から高所設置に特化した「6灯タイプ」の開発に着手した。

新たな「6灯タイプ」は、大型車両が出入りする高さ制限4.5mに対応し、1台あたり約10平方メートル(トラックヤード1台分)の融雪が可能。装置の取り付け方法は、壁取付、天井取付、ポール取付の3通りで、場所を選ばずに簡単施工できる。冬季でも最短1日で設置可能。

電源は、単相200ボルト、6.0キロワット(1.0キロワット×6灯)。本体寸法は、幅1250×奥行き308×高さ255ミリメートル。重量は、本体が11キログラム、取付ブラケットが3.8キログラム。連続照射時間は20時間以内推奨。周辺温度は、摂氏マイナス20〜5度に対応する。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部