高い防火安全性能はそのままに、多重伝送化でさらなる機能向上を実現

消火器や消火設備等の開発・製造・販売を手掛けるモリタ宮田工業は、多重伝送化によって大型物件に対応し、施工性を向上させたパッケージ型自動消火設備I型「スマートスプリネックス」を販売する。「スプリネックス・シリーズ」の特長である高い防火安全性能はそのままに、施工・点検にかかる負担を軽減し、柔軟性のあるシステム設計を可能にしたもの。

同製品は、受信盤ユニットから中継器をつなぐ幹線がLANケーブルと電源線のみであるため、配線敷設工事の大幅な省力化・省スペース化が可能。区画改修や増設への対応も容易になる。

また、受信盤ユニットを従来型より大幅に小型化したことで、回線数によって受信盤ユニットの外形が変化せず、設置スペースの確保が容易になる。1台で最大250回線まで対応する。

受信盤ユニットにはタッチパネル式モニターを採用。対象区画名がモニターに瞬時に表示されることで、素早い初動対応が可能となる。そのほか、「自己診断機能」を搭載することで、監視モード中も機器状態を自己診断し、異常発生時にはモニターへ異常内容を表示する。素早く原因を特定することで早期復旧が可能となる。

同製品の梱包箱サイズは、「屋内型」が幅1050×奥行き450×高さ1350 ミリメートル、 「屋外型」が幅1087×奥行き560×高さ1454 ミリメートル。総重量は、「屋内型」が480キログラム、「屋外型」が540キログラム。放射時間は約140秒。薬剤は、第三種浸潤剤等入り水(品評剤第27~1号)。防護面積は、21平方メートル(1防護区画あたり)。感知器は、検出方式の異なる2つの感知器(国家検定合格品)。本体希望小売価格はオープン価格。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部