常時ネットワーク環境を見守り、万が一サイバー攻撃にあった際には事後対応策の支援を提供する

セントラル警備保障(CSP)は、中小企業向けサイバーセキュリティ対策サービス「CSPサイバーガード」を販売する。複数のセキュリティ機能が搭載されたNEC製UTM(統合脅威管理)を用いたネットワーク環境の見守りに加え、CSPの警備ノウハウを生かした駆けつけ等、万が一サイバー攻撃にあった際の事後対応策の支援サービスをオールインワンにしたもの。サイバー攻撃対策で「何をしたら良いか分からない」、「セキュリティに詳しい従業員がいない」といった中小企業の課題に対応し、手軽に導入・運用できるサービスとして提案する。

同サービスでは、UTMによる通信環境の見守りで不正な侵入を防御するとともに、NECの監視センターがサポートを行う。UTMがサイバー攻撃や不審な通信を検知した場合は、アラートメールにより、インシデントの重要度によって低・中・高の3段階で通知する。重要アラート「高」を検知した場合、客の要請に基づき、CSPが現地へ駆けつけ、重要アラートが起きているパソコンの特定やネットワークからの切り離し等のサポートを行う。

また、簡易サイバー保険により、重要アラート「高」を検知して通知メールを受信したサイバーインシデント発生時の駆けつけ費用を年1回までカバーできる。そのほか、UTMの設置/移設/撤去の仕方や、アラートメールを受信した場合の対処方法、簡易サイバー保険に関する問い合わせ等、不安なことを相談できる。

サービス提供対象エリアは、現在の1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)から全国へ拡大予定。月額使用料金(税抜)は9800円。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部