インターネット上で取り出し手続きすると、預けたものが希望の場所にゆうパックで届けられる

日本郵便寺田倉庫は、両社のコアビジネスを生かした防災支援サービスとして、防災向け宅配型トランクルーム「防災ゆうストレージ」を展開する。災害に備え、「長期の避難生活に必要となる日用品」や「思い出の品などのなくしたくない大切なもの」を専用ボックスで預かり、倉庫で保管。有事の際には、インターネット上での取り出し手続きにより、避難先など、希望の場所にゆうパックで届ける。

専用ボックスを保管する倉庫は、ユーザーの居住地域とは異なる都道府県の硬質地盤な土地に位置し、寺田倉庫が管理する耐震基準を満たしたものを使用する。専用ボックスは〈大〉と〈小〉の2種類。サイズは、〈大〉が幅78×奥行き39×高さ37センチメートル、〈小〉が幅40.5×奥行き39×高さ37センチメートル。内容物の重量制限は〈大〉が20キログラム、〈小〉が13.5キログラム。寄託価格(預かり荷物の補償上限)は、1万円/ボックス。

そのほか、東京大学大学院情報学環・片田敏孝特任教授と、特定非営利活動法人レスキューストックヤード・栗田暢之代表理事の監修の下で作成した「保管品チェックリスト(例)」を提供し、ユーザー自身や家族にとって”預けておくとよいもの”の検討を支援する。

サービス料金は、〈大〉の初期費用(専用ボックス代金・登録手数料・倉庫への送料)が7810円、保管料が月額480円(年額5760円)、取り出し料金(出庫作業・届け先までの送料)と再入庫料金(再入庫時の倉庫への送料・入庫作業)が各2200円。〈小〉の初期費用が5280円、保管料が月額275円(年額3300円)、取り出し料金と再入庫料金が各1540円。

プレスリリース

本製品に関するお問い合わせはこちら

ご担当者様へ:
防災・危機管理関連の新製品ニュースリリースは以下のメールアドレスにお送りください。risk-t@shinkenpress.co.jp

リスク対策.com 編集部