リスク対策.com

Twitter Facebook RSS

BCPリーダーズ2020年8月号

X閉じる
この機能はリスク対策.PRO限定です。
  • クリップ記事やフォロー連載は、マイページでチェック!
  • あなただけのマイページが作れます。

BCPリーダーズ2020年8月号

レジリエント企業を目指せ

~激甚化する気象災害に備え社会を支える~

「これまで経験したことのない豪雨」が、毎年のように日本列島に甚大な被害をもたらしています。激甚化の度を年々強める気象災害に、企業はどう立ち向かえばいいのか。予期せぬ水害に見舞われながらも、しなやかに立ち直る企業の共通点とは――。

8月号は「激甚化する気象災害への備え」をテーマに、地方中核企業の事例を取材しました。

昨年の台風19号水害で主要生産拠点が水没し長期の出荷停止を余儀なくされたきのこ総合企業のホクト(長野県)、一昨年の西日本豪雨で酒造りが止まり独自ブランド消滅の危機も囁かれた旭酒造(山口県)。両者には、日頃の取り組みの中で強い組織をつくり上げてきた経緯がありました。被災から復旧までをインタビュー形式で紹介します。

 

Contents

巻頭インタビュー
日本企業のリスクマネジメントは機能したか?

関西大学社会安全学部教授 亀井克之氏

事例
激甚化する気象災害に勝つ

01
「地の利」を味方に台風19号水害へ迅速対応
主要生産拠点停止するも他工場でカバーし雇用維持

ホクト

02
西日本豪雨を乗り越えた珠玉の日本酒
一時市場から消えかかった『獺祭』が復活するまで

旭酒造

分析 ANALYSIS
緊急事態宣言後の組織の動き
第2回 新型コロナウイルス感染症への対応状況に関する緊急調査

リスク対策.com/首都圏を中心としたレジリエンス総合プロジェクト

講演録
コロナとの共存を見据えたBCP
サプライチェーンとグローバル戦略の見直し

名古屋工業大学大学院 社会工学専攻教授
リスクマネジメントセンター防災安全部門長
渡辺研司氏

 

※リスク対策.PRO会員は、専用ページからダウンロードできます。