「ダイヤゲート池袋」は西武池袋線の線路上に位置。建物下部のグレーの部分との境に中間免震層がある(提供:西武ホールディングス)

線路上に「ダイヤゲート池袋」

西武ホールディングス(HD)は、東京都豊島区に20階建て、高さ99.98メートルの池袋エリア最大級のオフィスビル「ダイヤゲート池袋」を竣工。4月1日にオープンする。同社と一部グループ会社の本社となるほか、免震構造や非常用発電、水など事業継続のための機能を充実。豊島区と西武鉄道で協定を結び、池袋駅周辺で災害時に発生が予測される帰宅困難者の受け入れも行う。

同ビルは西武池袋線池袋駅の西武南口から徒歩1分、JR東日本・東京メトロ・東武鉄道の池袋駅東口から同5分の立地。西武池袋線の線路東側にあった西武鉄道池袋旧本社ビル跡地だけでなく、線路上とさらに線路西側の空地を活用。人工地盤も造り線路をまたいでビルが建つ構造となった。西武HDによると100メートル級のビルが線路をまたいで建つのは日本初だという。延床面積は4万9661平方メートル、ワンフロアの平均貸室面積は約2100平方メートルで池袋最大級。西武グループのうち西武HD、プリンスホテル、同ビルの開発・管理など不動産事業を手がける西武プロパティーズの3社が本社を4月に移転させる。

同ビルの大きな特徴は線路上にあるだけでなく、BCP(事業継続計画)実行のためにも優れた機能を有していること。線路をまたぐ独特の構造であることから、3階と4階の間に中間免震層を設置。積層ゴムアイソレーター20基とU字型鋼製ダンパー32台で揺れを吸収する。鉄道のダイヤグラムをイメージした建物外周の独特のブレースも地震に効果を発揮し、オフィスフロアの無柱化につなげている。

西武HDの後藤社長は竣工式典で物件のBCP対応を語った

電力は2系統を確保。さらに非常用発電機と燃料も備えており、発災時に72時間は平常時とほぼ同じ執務環境をテナントに提供できるという。また3日分の水を常時確保し、排水も建物内に貯留できる設計とした。各フロア以外に地下1階にテナント用の備蓄倉庫もある。西武HDの後藤高志社長は25日に行われた竣工式典で「電力や上下水道のバックアップ、備蓄の面でBCP上優れたビル」と説明した。4~18階のオフィスフロアのうち14~18階は西武グループが入居。4~10階、12~13階も成約・内定済みで、まだ空いている11階も引き合いはあるという。

ログイン

この記事は会員限定です。続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方