複合機は地震の際に動くと凶器になりかねないので特に固定が必要(出典:写真AC)

■IT・OA機器・備品類の防災リスク・チェック

いわゆる「基幹システム」とか「基幹サーバー」と呼ばれている重要なIT機器については、地震の衝撃でサーバーが転倒したり、クラッシュしたり、机上からずり落ちないようにラックに収納すること。

コピー機やファクシミリ(複合機等を含む)の中には将棋台のように重くて安定した形状のものもあるが、大きな地震で揺さぶられると簡単に移動したり台上からずり落ちてしまう。可動式の場合はいつもストッパーをかけておく、かたわらにパーテーションや机などがあればそれらとバンドなどでつなぎ止めておくことで、位置ずれや移動、落下を防ぐことができる。

次に「ファイルキャビネット・書棚・ロッカー」の類。最近のオフィスは椅子に腰かけたとき目線の高さでフロアの隅々まで見渡せるような低いレイアウトになっているものがほとんどである。また、書類棚などは壁に扉付きで収納できるようになっていて地震の際も書類等が崩れ落ちる心配がない。こうしたオフィスの進化は防災上もたいへん好ましいことだ。

よってファイルキャビネット・書棚・ロッカーの防災・減災対策は、こうした安全な措置がとられておらず、転倒や落下の危険のある場所が対象となる。例えば重いスチール棚などはL字型金具やボルトなどで固定する、棚からモノがずり落ちない工夫としてネットやバンドなどを使用する(部品棚など)、収納バランスを習慣づける(高い位置に軽い物/低い位置に重い物など)、あるいは思い切って撤去することなどが必要だろう。

ログイン

このコンテンツの続きは、「リスク対策.com」に会員登録(無料)されている方がご覧いただけます。まだご登録されていない方は、会員登録をお願いいたします。ご登録済みの方は、ご登録時に入力されたメールアドレスとパスワードを入力してログインしてください。

» 新規会員登録(無料)はこちらから

» パスワードをお忘れの方